フットウェル

履くだけで楽になれるという、画期的な外反母趾サポーター「フットウェル」。
健康器具メーカーのレミントン社から開発・販売されて口コミでじわじわと人気上昇中です。

そんなフットウェルについての口コミ情報からどんな効果があるのかというお話、楽天やAmazonなど最安値で購入できる販売店情報などをまとめてみました。

⇒フットウェルの口コミはこちら



フットウェルを実際に使用した人の口コミについてまとめてみました

口コミサイトには情報ナシ!?

口コミ なし

フットウェルの口コミについて調べてみたところ、価格ドットコムや楽天、Amazonなどでレビューが投稿されているのを見つけることができませんでした。
まだあまり市場に多く出回っていない商品のようですので、レビューが少ないのは仕方がないですね。

ただ、フットウェルは今注目度急上昇中のアイテムなので、徐々にユーザーが増えている真っただ中。
近いうちに各サイトで口コミがたくさん投稿されるようになることでしょう。

メーカー宛に寄せられた口コミ

フットウェル 公式サイト 口コミ

メーカーサイトにて、フットウェルを使っている人の口コミがいくつか紹介されていました。

・スタスタと足が進む
・ツボが刺激される
・着けている感覚があまりなく快適
・何度洗っても長持ち

というように、履き心地や使用感については高評価です。
悪い口コミは今のところどこにも見当たりませんし、これは信用して試してみてもいいんじゃないでしょうか。

フットウェルは国内工場でひとつひとつ丁寧に作られているとのこと。
品質が確かな代わりに大量生産はできなさそうなので、今後口コミで評判が広まればあっという間に人気が爆発して品切れ状態になってしまうことでしょう。

 手に入りにくくなくなってしまう前にゲットしておくことをオススメします。 

⇒フットウェルのリアルな口コミをもっと見たい人はこちら



フットウェルのサポート効果とは?3つのポイントを大解剖

負担を分散する足底アーチ構造

フットウェル 足裏アーチ構造

フットウェルは人の足の土踏まずを研究してその負担を分散するためのアーチ構造を実現するように作られています。
健康的な土踏まずが鍛えられると、周りの地面に接触する部位がバネのように衝撃を吸収し、足にかかる負担を和らげてくれる効果があるのです。

子どものうちから足を健全に鍛えておくと土踏まずが発達します。
しかし、大人になって運動をしなくなると衰えてしまい、足を使う時の衝撃が足腰に響き疲れやすくなったり健康に悪影響を及ぼしたりしてしまうのです。

フットウェルはそんな土踏まずの機能に着目し、土踏まずがしっかり機能するためのきれいなアーチを作るためのサポートをしてくれるんですね。

足指を解放する鼻緒効果

鼻緒効果

ポインテッドトゥやハイヒールなどの、つま先への負担が大きいパンプスを履いていると、足指を強く圧迫して疲れや外反母趾の原因になります。

フットウェルは草履の鼻緒のように指同士の間隔を広げる構造をしているので、足指同士が密着することで起こる負担を軽減することができます。

さらに足ツボ効果も

足ツボ効果

フットウェルには足の「湧泉」というツボを刺激するポイントが付けられています。
「湧泉」とは刺激すると体のめぐりに効果があるツボだと言われています。

脚のむくみの原因は疲れとめぐりの悪さ。
したがって、疲れにくい足づくりとめぐりの改善を両立すれば、脚のパンパンのケアもすることができるのです。



フットウェルの効果を得るためには、いつ、どこで、どのような使い方がおススメなのでしょうか

外回りやオフィスなど日中のお仕事に

足が痛い時にはゆったりとした楽な靴を履きたくなります。
しかし、会社勤め、特に営業での外回りやフォーマルな接客をされる方々はかっちりとした革靴やパンプスの着用を求められます。

それが原因で足の負担になってしまうことも多いのですが、フットウェルはその負担を和らげます。
生地も薄手ですし、爪先や踵は覆わないのでストッキングや靴下の下に履いても、靴のサイズに影響を与えません。
お仕事をしながら足のケアを同時に行えます。

また、お仕事中なら長時間にわたる使用になるので、フットウェルの効果も得やすいと考えられます。

寝るときにも

お休み前に入浴される方も多いですよね。
入浴後は体が温まり、血液の循環が良くなっている状態です。
フットウェルの足つぼ効果を高めるにはこのタイミングを上手く利用しましょう。

お風呂に入って足裏の皮膚も柔らかくなっていますので、足つぼ効果をより得やすいです。
また、寝る時に足先が冷たくなりがちな方も、ポカポカしてより気持ちの良い睡眠環境を得られます。
日中のお仕事時間と同様、睡眠中もまとまった時間となりますので長時間使用による継続的な効果も得やすいです。

その他日常生活に取り入れて

もちろん、普段のお出かけや旅行のおともに履くのもお勧めです。
しっかりとフィットするので、ジョギングやハイキングなどのアウトドアでもしっかり活躍してくれます。

陸上で活動する限りは、いつでもどこでも使用できるので、お好みのタイミングに合わせて履いてくださいね。



足が小さい、足が大きい人にも対応したサイズ展開です

足への負担を軽くするためのサポート商品なのに、サイズがワンサイズのみで大きすぎ・小さすぎて断念したことのある人も多いのではないでしょうか。
フットウェルは伸縮性がある上、2つのサイズ展開をしているので、そんな人にもおすすめです。

小さめサイズ

主に女性用として作られているのは21~24cm対応のサイズです。
伸縮性があるため、このサイズに該当する人であればどなた様も無理なく着用することが可能です。
もちろん、足のサイズが小さい男性がこちらを選んでも問題ありません。

大きめサイズ

主に男性用として作られているのは24~27cm対応のサイズです。
女性用同様に、このサイズ内であれば特に問題なく、快適に履くことができます。
足のサイズが大きい女性がこちらを使っても問題ありません。

選び方

便宜上、女性用・男性用として紹介いたしましたが、サイズが違うだけでそれ以外に男女でなにか異なるポイントがあるわけではありません。
気兼ねなく、ご自身のサイズに合う方を選んでいただくのが最もよいです。

なお、どちらのサイズもベージュとブラックの2カラーを用意してありますので、好きなお色を選ぶこともできます。
夏はベージュのストッキングだからベージュ、冬は黒のタイツ(靴下)が多いからブラックというように使い分けをすることも可能です。



フットウェルがおすすめな人をタイプ分けしてみました

足裏・足指にトラブルがありそうな人

長時間パンプスや革靴を履いていると窮屈ですし、底が薄いと足裏に負担がかかります。
ヒールのある靴ですと指の付け根のあたりが固くなり、痛みを伴いがちです。
フットウェルにはクッション効果もありますので、そういった痛みのある場所をカバーしてくれます。

ガニ股が気になる人

足裏にトラブルがあると、痛みを避けるために体重をかけるバランスが崩れます。
ガニ股もこうしたことが要因のひとつで起こります。

フットウェルが足裏のクッションの役目を果たすことで、バランスよくしっかりと立てるようになります。

足から脚にかけてパンパンなのが気になる人

夕方になると、どうしても足・脚がパンパンになって不快感が出ます。
これは体の下部にある足・脚から心臓へ上手に血液を戻せないのが原因とも言われています。
フットウェルの足つぼ刺激により、ポンプ効果をサポートすることで、この不快感を緩和します。

歩くと疲れやすい人

土踏まずが浅い人、ない人は偏平足と言われ、歩いていると疲れやすいという特徴があります。
フットウェルは足底のアーチを作ってくれるので、足裏のバネ・クッションの働きをサポートしてくれます。
これにより足裏だけではなく、ひざや腰の負担を軽減することも期待できます。

その他

以上、お悩み別に列挙してみました。
これらの悩みがある人は年代性別を問わず、どなたでも使用できます。

職業としては歩く距離の多い営業職の方、ナースや学校の先生はもちろんですが、デスクワーク中心の方でも上記の悩みがあればおすすめします。
通勤時間がながく、電車で立っているのが辛いという人も試してみてはいかがでしょうか。



フットウェルの販売元のレミントンは他にどのような商品を販売している会社でしょうか

フットウェルという商品が大変素晴らしいということはよくわかりましたが、やはり販売元の会社も気になります。
そこで、どのようなものを作って販売しているのか、実績を調査してみました。

足裏商品

フットウェルもそうですが、足裏商品がいくつかありました。

遠赤指圧半ソックス

5本指タイプの半ソックスで、コンセプトはフットウェルに似ています。
ただし、こちらの方が温熱効果に注力している一方、足裏アーチをサポートする力はなさそうです。

ビサ入り足うらシート

こちらは使い捨ての足うらシートです。
メントールが入っているタイプのものは、スッキリクール系、夏向けの商品のようです。
貼って寝るだけタイプのものは、日本初の医療機器認証を取得しています。

美脚商品

ふくらはぎの着圧サポーターや、整体師監修のスパッツがありました。

磁気・温熱商品

磁気を利用した「セラミックバン」といった凝りをほぐす商品は、医療機器認証を取得しています。
また、ビサ式遠赤サポーターは腰のサポートをする商品でこちらも整体師の監修の元製作されています。

健康食品

ジャンルとしては一番品数が多く取り揃えられていました。
腸内環境サプリや、男女別に分かれた安眠サプリなど、多岐にわたっています。

まとめ

健康食品をはじめ、体内を緩やかにサポートする商品が多かったです。
医療機器認証を受けるなど確かな商品力もあり、レミントンは信頼できる会社という印象。
このようか会社からであれば、商品を安心して購入できるのではないでしょうか。

⇒株式会社レミントンの公式オンラインショップはこちら



フットウェルの楽天での販売状況、取り扱いショップをご紹介

楽天にメーカー公式ショップを発見!

楽天 レミントン

楽天には、なんとフットウェルの販売元である「レミントン」の公式ショップがありました。
かなりの数の取引があるようですし、何せメーカー公式ですからここなら安心してお買い物ができますね。

ただ、現在のところ取り扱い商品はコリのための「セラミックバン」のみ。
残念ながらフットウェルはこちらのショップからでは入手できないようです。

将来的にはこちらからでもフットウェルの販売が始まる可能性もありますが、レミントンは他にも色々な健康関係の商品を展開しているのにどれも出品していません。
待ったところでいつまで経っても入荷されない、なんてこともあるかもしれないですね。

他のショップでも取り扱いナシ

楽天 フットウェル

公式以外の楽天ショップでフットウェルを入手できないかと探してみましたが、どこにも販売されていませんでした。

「フットウェル」で検索をすると「ニューフットウェル」というマッサージ器が出てきますが、これは全く無関係の別アイテムです。

他にも「外反母趾サポーター」で調べてみてもフットウェルは見つからず。
類似商品はいくつか発見できるのですが、どれもフットウェルのように3つのポイントをすべて押さえているものではないんですよね。

というわけで、今のところは楽天でフットウェルやフットウェルと同様の働きを持つサポーターを入手する方法はないということがわかりました。



Amazonでのフットウェル販売状況、Amazonから購入する時の注意点をご紹介

Amazonでも取り扱いナシ

Amazon レミントン

結論から言えば、フットウェルはAmazonでも今のところは販売されていません。
とはいえ、レミントンの商品はいくつか取り扱いがあるので、近いうちにフットウェルの販売が始まる可能性は十分にあります。

現在取り扱いがあるのは「セラミックバン」、「ビサ入り足うらシート」、「整体枕」、「高反発ラクッション」の4アイテム。
どれもレミントン公式ショップが販売していますが、他のストアからも出品されています。

つまり、レミントン公式がAmazonに出品しなくても、他のストアがフットウェルを出品することもあり得るということですね。

Amazonで購入する際の注意点

Amazon フットウェル

もし今後Amazonでフットウェルが購入できるようになったとしても、その販売元をよく見ておいた方がいいです。
メーカー公式だったら一番いいのですが、他のストアだったら転売や中古・新古品かもしれないですし、何か問題があっても補償してもらえないかもしれません。
けっして安いお買い物ではないですし、できれば信用のできるところから購入することをオススメします。


また、レミントンと言うとアメリカの銃器メーカーと同じ名前なので、よく混同する人がいるそうです。
鹿のロゴマークですしなおさらややこしいですよね。

日本の健康器具メーカーの方は「L」から始まり、アメリカの銃器メーカーは「R」から始まる「レミントン」ということで見分けがつきます。
Amazonでは両方のメーカーのアイテムが販売されているので、間違えないように気をつけてください。



フットウェルはドラッグストアや薬局で購入できるのでしょうか

健康サポートグッズを購入するのであれば、近所のドラッグストアや薬局で購入するのが一番手っ取り早いです。
さっそく大手のドラッグストアから探してみましょう。

マツモトキヨシ

業界最大手と言ったらマツキヨ。
しかし、新宿や池袋の大規模店舗に行っても、フットウェルは置いていませんでした。

他社製の外反母趾サポーターや、ハイヒール用のジェルクッションならいくらでも見つかるのですが、ここまで手の行き届いた商品はありません。
ダメもとでマツキヨオンラインを検索していましたが玉砕でした。

系列のだるまドラッグも探しましたが、やはり見つかりません。

ウエルシア

マツキヨほどではありませんが、ウエルシアも手広く店舗を広げているドラッグストアです。
近所に数店舗あるのでフットウェルの販売状況を確認したところ、どの店舗でも取り扱いはありません。
売り場を探すだけではなく店員さんにも確認したので、これは販売なしで確定です。

マツキヨ同様、他の足裏クッションや足指サポーターはあったのですが、残念です。
通販サイトのウエルシアドットコムでも一切取り扱いはありませんでした。

まとめ

マツキヨ、ウエルシアといった大手のドラッグストアは全滅でした。
他にも有名どころのドラッグストアや小規模個人薬局も探しましたが、発見できません。



いったいどの店舗ならフットウェルを販売しているのでしょうか?

ドラッグストアも薬局もダメであれば、バラエティストアなどの店舗に捜索範囲を広げてみましょう。

東急ハンズ

オシャレで流行の最先端を行くのであれば、東急ハンズです。
売り場面積最大の新宿店、品揃えナンバーワンの呼び声高い渋谷店を隈なく探し回ったのですが…やはり見つけられませんでした。

Loft

バラエティストアとしては東急ハンズと人気を二分するLoftも調査対象です。
今回は渋谷店と、昨年オープンしたばかりの銀座店を調べてみました。

しかし、どちらの店舗でもやはり販売はしていませんでした。
Loftの中でも大規模な店舗を選んでいるので、この他のお店でも販売はしていないと考えるのが妥当でしょう。

ranKing ranQueen

店舗数は少ないものの、過去にネット限定商品を並べていた実績があるのがランキンランキンです。
自由が丘店とスペシャルショップの渋谷ちかみち店に足を運んでみました。

残念ながらどちらのお店でも販売はしていませんでした。
ランキンランキンはその名の通り週や月ごとのランキング形式で商品が販売されているため、非常に商品の入れ替えが激しいのが特徴です。
以前に並んでいた可能性はゼロではありませんが…今は買えません。

まとめ

今回調査した3つのショップですが、どの店舗でも足裏用のシートやジェルクッションといったものは販売していました。
しかし、フットウェルそのものは見つけられず、これだけ有力店舗を探してもないのであれば、市販品として店舗には流通していないと考えるのが妥当です。
以上のことからフットウェルはネット販売に流通経路を絞っていると考えられます。



フットウェルを最安値で購入できる販売店はココしかありません

フットウェルの購入はメーカー公式通販で

フットウェル 公式サイト

フットウェルは楽天やAmazonなどで取り扱いがないということで、「最安値」どころかそもそも販売店の選択肢がそれしかないのですが、メーカー公式通販で購入するのが一番でしょう。

レミントンは他にもさまざまな自社オリジナルの健康器具を取り扱っており利用者も多いので、通販も安心して申し込みできます。
Amazonじゃないと送料がたくさんかかりそうで心配…と思うかもしれませんが、全国どこでも324円で発送してくれるので、これはかなりの好条件なのではないでしょうか。

メルカリにも出品されていますが…

フットウェルをメーカー公式以外の販売店で、どうにか最安値で購入できないかと探したところ、メルカリにいくつか出品されていました。

確かに公式よりは少し安いお値段ではあります。
しかし、画像がメーカーのページからの転載だったり、開封しているけれども未使用と書いていたりして、正直言ってちょっと怪しいです。

もしかしたら別のメーカーの類似品が送られてくるかもしれませんし、個人で購入したのに未使用で転売するというのなら、じゃあどうして購入したの?っていう話ですよね。

一回試し履きして出品している可能性もありますし、素足に装着するものの中古品ってちょっと抵抗があります。
そういった諸々の不安を考えると、やっぱり個人同士の取引よりメーカーから正規ルートで購入する方が絶対にいいでしょう。

⇒正規品のフットウェルを購入できるレミントン公式販売ページはコチラ